自動車税と固定資産税はWAON払いで少しお得

スポンサーリンク




今年も5月の税金支払い時期がやってきました。

自動車税って毎年結構な額になりますので現金払いしててはもったいないですね。

私が利用している少しお得な支払い方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



支払う税金

毎年この時期になると何かと払込用紙が届きます。

自動車税

私は車2台とバイクの分の自動車税が届きます。

うちの2台の車、BMW X3 (F25)とステップワゴンスパーダハイブリッド(RP5)はどちらも2,000cc以下ですので、それぞれ39,500円です。

そして、バイクのTiger800は250cc以上の2輪車区分で6,000円です。

自動車税は3台の合計で85,000円になります。

結構かかりますねーー

固定資産税・都市計画税

昨年土地の購入をしましたので、今年からは固定資産税の支払いが始まりました。

1月1日時点の所有者に対して課税されるので、なんかまた一つ土地を所有したという実感が増えました。

ついに注文住宅建築用土地を契約しました! 探すこと苦節約4年、なかなか希望の条件で土地が売り出されず不動...

いまのとこ、住宅建築中ですので土地に対してのみの課税でした。

固定資産税は8,300円でした。市街化調整区域ですので都市計画税はかかりませんでした。

これもコンビニで支払えます。

現金以外の支払いを

私の場合、今年の5月に来る税金を全て支払うと93,300円になるので当然現金以外での支払い方法を模索します。

自治体によってはクレジットカード払いもできるのですが、手数料が掛かってしまいます。

そこで、私はここ数年、毎年同じ支払い方法をしています。

JALカード+JMB WAONでJALマイル還元

WAONでの支払いをすることによって、通常の買い物と同じように還元があります。

JALカードに紐付いたWAONで支払えばJALマイルとして還元されるので、大変オトクです。

支払いはミニストップで

各種WAONでの税金支払いができるのはコンビニのミニストップです。

近所にはミニストップがないのですが、仕事帰りに店舗があるので毎年この時期だけは必ず行っています。

一時期、電子マネーでの税金払いが不可となる時期もありましたが、2020年5月、そして今年も実際に使えましたので大丈夫です。

5のつく日、10日はさらにお得

JMB WAONのマイル還元率は200円につき1マイル、つまり通常0.5%です。

あまり、大々的にアピールしていないことですが、5のつく日は倍で200円につき2マイルの1%、10日は5倍で200円につき5マイルの2.5%となります。

クレジットチャージでも1%マイル還元

さらに、JALカードのショッピングマイル・プレミアムに加入していればJMB WAONへのクレジットチャージ(オートチャージ)で1%マイル還元されます。

つまり、5のつく日は合計2%、10日は3.5%のマイル還元があるということになります。

いつも、税金支払いに合わせてミニストップのATMでオートチャージ設定額を上限の5万円へ変更して、納付書1枚ずつ支払っています。

一度の支払いが5万円以上となると、WAONでは全額払えないので5万円以上の部分は現金になるかと思います。

2020年はWAON払いで実際にマイル加算

昨年、実際に付与された実績を紹介します。

↑2020年5月15日は5のつく日ですので自動車税39,500円の支払いに対し394マイル、6,000円の支払いで60マイル付与されていることがわかります。(4マイルはたぶん夕食を買った分です)

↑さらに、2020/7/10付でクレジットチャージした分の1%がマイル加算されています。

他の買い物もしている分も含まれてしまっていますが、イオンでの買い物と合わせて12万円程はWAONチャージ分です。

こうして実際に合計支払額の2%はJALマイルに還元されていたので大きいです。

まとめ

払わなければならない税金は可能な限り現金以外での支払いがおすすめです。

私はJALマイルに価値があると思っていますので(今はあまりないかもしれませんが、いずれコロナが落ち着いた時のために・・)、JALカード+WAONを使用してミニストップ払いでJALマイルにしています。

まだ納付書が手元にあれば、5月15日と25日がWAON支払いのチャンスですね。

最近はWAON以外にもペイペイやLINEPayでも税金支払いできますので、それぞれ一番価値がある方法を見つけてみてはいかがでしょうか?