ETC平日朝夕割引のお得な使い方

スポンサーリンク




還元額利用に注意すればよりお得にできます!

ETCマイレージサービス利用で工夫できる点を紹介します。

スポンサーリンク



平日朝夕割引とは?

ETCマイレージサービスに登録することでポイント還元や割引が受けられるサービスです。

ETCマイレージサービスでは、お申込みいただいたETCカードでの通行料金のお支払額に応じて、 ポイントが付きます。

ポイントは還元額(無料通行分)に交換のうえ、通行料金の支払いにご利用いただけます。

ETCマイレージサービスへのご登録は無料です。年会費もかかりません。

https://www.smile-etc.jp/service/info.html

平日朝夕時間帯の還元率は?

高速道路をETC通勤で利用していると通勤時間帯に走行した分の月間走行に応じて回数最大50%が翌日20日に還元されます。

諸外国と比較して高速道路や有料道路が高いと言われる日本において、通勤で高速道路等を利用している方にとって、なくてはならない制度です。

条件

10回以上通勤時間帯に対象道路使用であれば最大50%還元になります。

(実際には端数分が切り捨てられるので50%にはなりませんが、利用額に応じた還元も5~10%あるので合計でだいたい50%以上にはなります)

対象道路についてはそれぞれ公式サイトに詳しく載っています。

通勤で往復高速道路利用の場合は5往復で条件を満たすので地方部において日常的に使用していればほぼ50%還元となります。

アカウント2つを使い分ける

マイレージサービスは一つの車載器に家族であれば4つまでETCカードを登録できるため、私はアカウントを2つ作成しています。(元々バイク、車用と分けていた為2つあります)

複数アカウントのデメリットとして、アカウント間のポイントの合算はできないのですが、還元率50%であればすぐにまとまった額が貯まって利用もできるので通勤等で頻繁に利用していれば無駄なく使用できるため問題ありません。

還元額からの利用はポイントがつかない

毎月20日になると、還元額が付与され、そのまま同じETCマイレージアカウントを使用していると数日分は還元額からの利用になります。

ただ、還元額利用の分は翌月還元はありません。(走行回数にはカウントされます)

還元額の利用は通勤時間帯以外で

と、いうことは還元額は通勤時間帯に使用するよりも、帰りが遅くなった場合や土日での利用等、「平日朝夕」時間以外の高速道路利用時に使用するのが理想的です。

「平日朝夕」の利用はできるだけ50%還元をもらいましょう。

毎月20日に使用するカード(アカウント)を切り替える

還元額が付与される毎月20日に、2つのアカウントの還元残高をチェックして少ない方を通勤時間帯に使用するようにしています。

つまり、還元額を温存しておくということです。

還元額をうまく利用すれば実質全て半額相当で高速道路利用可能

温存した還元残高は土日のお出かけに利用すれば最も効果的です。

また、都市高速や大都市近郊区間等、ETC割引がない路線でも還元残高を利用できるようにしたいところです。

こうすることで私は週末のお出かけ等は還元額からの利用で対応できていますのでETCを実質ほぼ半額で利用できています。

まとめ

通勤の高速道路利用で貯めたETC還元額の使い時について紹介してみました。

ご参考になりましたでしょうか?

還元額「温存」が鍵です

平日朝夕割引がない方にとっても、ETC還元額はもともと割引が少ない区間や頻繁に使用しないエリアの都市高速での使用が有効と考えます。あまり利用しないエリアだとポイントが交換単位まで貯めにくいのでできる限り支払いをしないようにしたいところです。(還元額利用)

ETC利用は今や標準装備化しつつあり便利でとてもお得な仕組みです。

週末や連休は高速道路でお出かけする事も多いと思いますがETC割引や還元制度を最大限活用しましょう!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする