BMW X3 30万キロ到達

スポンサーリンク




本日、2014BMW F25 X3が30万キロ到達しました。

一つの記録として記事に残します。

以前、25万キロ時記事にしたときから1年程ですので、年間5万キロ程走ったことになります。

距離を走るとクルマの価値がよくわかります。BMW X3維持費の感覚や、不具合の経験についても紹介してみます

スポンサーリンク



30万キロ到達までの期間

車両は2014年11月に新車登録されたものですので新車から6年9ヶ月での30万キロ到達です。

私は2016年1月に1.4万キロ時点で中古購入しましたので5年7ヶ月で28.6万キロ走ったことになります。

1ヶ月当たりの走行距離

新車時点からの月あたり平均走行距離は、

300,000km÷81ヶ月(6年9ヶ月)≒3,704km/月

でした。

私が使用した期間に絞ると、

300,000km÷71ヶ月(5年7ヶ月)≒4,225km/月

ですね。

通勤で距離が伸びる

現在、往復約200kmの通勤に利用しているのでどうしても走行距離が多くなります。

それに加えて冬季はスキーへもX3で行くので距離が伸びていきます。

相変わらず燃費はすごく良い

ほぼ使用が高速道路での通勤ですので、同車種最強クラスの燃費良さで維持できてると思います。

昨年実施したアルミテープチューンの燃費向上効果も続いています。

アルミテープチューンをBMW F25 X3で実施。驚くような燃費が出るようになりました!

直近5回の燃費

満タン給油時の実燃費計算で直近5回の燃費記録は18.33km/L~21.67km/Lと、過走行による悪化は感じられません。

e燃費より直近5回の給油時燃費記録

通勤時の高速道路は大型トラックの車列に混じって同じペースで走ることが多いので特に良いです。

たまに、追い風も重なるとすごい記録もでたりしてます。↓

なかなかすごい燃費記録がでたのでその要因を考察してみました

満タン航続距離1,200km越え

実際に、1,200km以上無給油で走らせてしまうことも多いです。

F25 X3の燃料タンクは軽油67Lです。

そのうち63L利用できるとすれば19km/L以上の燃費であれば1,200km持つ計算です。

この航続性能と軽油・低燃費による燃料コストの安さは、他車種をみても少ないので長く乗り続けている要因にもなっています。

その気になれば1,300km以上無給油も出来そうです。

↑給油時リセットしたトリップメーターと残走行距離を足すと1,375kmもあります。

まとめ

10万キロ、20万キロの時と同じように30万キロも目指した訳ではなく「気付いたらもう、、」といった感じです。

特別すごい整備をしているわけではないので、維持費は国産車並かそれ以下です。

これまでにしてきた整備や不具合対応など機会あれば記事にまとめたい思っています。

いまのとこ、大きな問題はなく過ごせているのでこのまま調子良く動いて欲しいです。

まだ無交換のATFやデフオイルが気になったりしていますが、それぞれこれからどうするか最適な選択をしたいと思っています。

これからも事故に逢わないような運転を心掛けさらに長く乗れるようにしたいです!