エネオスでのお得な支払い方法考察

スポンサーリンク




スポンサーリンク



定番のENEOS Pカード

年会費が1,375円かかりますが現状所有しています。エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドもエネオスに統合されたのでとにかく給油所が多く、全国どこへ行っても使用できるカードです。

ただ、次の年会費発生前に解約しようかとも考えています

エネオスでの給油はエネオスカードが販売単価も一番安く、「ENEOSカード P」であれば給油分の最大3%が還元されます。

ただし、最大3%というのは月間合計税込み1,000円毎に30ポイント還元なので、例えば、税込み1,999円でも30ポイントですのでこの場合は約1.5%還元になってしまいます。

エネオスカードPでの給油は1,000円単位がベスト

これを避けるためには金額指定で1,000円単位で給油すると無駄がないと思われます。

120円/L時、還元額は3.6円(3%)ということになります。

ANAカードのIDもしくはEneKey+Tポイントカード

ANAカード特約店

エネオスはANAカードの特約店で、100円(税込み)毎にカード決済でのマイルとは別に1マイル付与されます。カード決済でのマイル還元率約1%+特約店のマイル還元1%、利用額の合計2%がマイルとして付与されます。

マイルの価値をどう考えるかによって、価値は変わりますが1マイル=2円として考えた場合、4%の還元ということになります。

私にとってマイルを貯めることの価値

Tポイントも貯められる

電子マネーID利用時であればTポイントも200円(税抜)毎に1ポイント付与されます。還元率としては0.455%です。

Tポイントはそのまま1ポイント1円相当で利用できるので0.455%です。ただ、税抜き200円毎ですので、消費税を考慮すると220円毎になります。

還元率の合計

現金相当での還元率は最大で合計4.455%ということになります。

120円/L時、5.35円相当になります。

比較すると

最大の還元率となった場合で比較

(単価)ANA3%還元/ENEOS4.55%還元(差額)

  • (100円/L時)3.0円/4.5円(1.5)
  • (110円/L時)3.3円/5.0円(1.7)
  • (120円/L時)3.6円/5.5円(1.9)
  • (130円/L時)3.9円/5.9円(2.0)
  • (140円/L時)4.2円/6.4円(2.2)
  • (150円/L時)4.5円/6.8円 (2.3)

もし、ANAカードとエネオスカードでの店頭単価価格差が2円であれば還元額の差額がほぼ同じなので同等の価値だといえます。価格差が3円になるとエネオスカードの方が優位であるといえそうです。

エネオスカードは最大還元率になりにくい

注意点として、エネオスカードでの還元は1000円毎なので、給油所での使用額が少ないと大きく還元率が下がる可能性あります。例えば、給油1回で3999円だった場合は90ポイントの還元で率としては2.25%となってしまいます。

貯まったポイントの使用も1,000ポイント単位

また、エネオスカードで貯まったポイントの使用も1,000ポイント単位になるので少し利用しにくいです。1000ポイント貯めるには最低でも34,000円の利用が必要です(34,000×3%で1,020ポイントとなる)

ANAカードID+Tポイントは無駄になりにくい

一方、ANAカード+Tポイントは税込み100円・220円毎にマイルとTポイントが貯まるので最大還元率により近づきやすいです。

マイルとTポイントの利用しやすさ

マイルで旅行したい私にとっては給油でマイルを貯められるのはとても嬉しいです。また、Tポイントは利用できるところが多く1ポイントからでも無駄なく使えます。その気になればマイル化することも可能です。

結論

エネオスカードでの最大還元率より、マイルの魅力と貯まったポイントの利用しやすさから最近ではずっとANAカード(ID)+Tポイントでの給油ばかりしています。

マイルを貯めている方にとってはこの方法のほうがお得だと思います。

最大還元率を狙ってセルフ給油

おまけに、セコいかもしれませんがマイルとTポイントが効率よく貯まるようにいつも満タン手前で税抜き額ができるだけ100円と200円の倍数になるところを狙ってセルフ給油しています。

計算が面倒なので10%の計算がしやすい5,500円や6,600円などです。バイク給油の時は1,100円や2,200円分の給油を狙ったりしています。

燃費計測を重視しているときは自動停止まで給油しますがそれ以外の時は少し考えて止めています。

また、値上がり前は満タンまで給油したほうが得になります。1円でも値上がり予定の情報があれば満タンまで給油しましょう。

エネオスカードは解約予定

しばらくはエネオスでの支払いはかわらなさそうですので、年会費のかかるエネオスカードはポイント交換した後に解約するつもりです。もし必要になったらまた作ればいいですからね。