注文住宅の住宅ローンについて

土地を購入して注文住宅を建てるとなると支払いタイミングが早く、しかも建物完成までけっこう時間がかかります。

最初はとにかく安い金利と初期費用の低いものを目指してネット銀行や価格コムでランキング上位に出てくる金融機関を中心に資料を読みあさりました。

しかし、、、、金利が安いところはほぼ全てが建物引き渡し時の実行というものだったので実質使えません。楽天銀行などは「つなぎ融資」を使用することで注文住宅にも対応していますがつなぎ部分の金利が高く私たちには合いませんでした。

購入予定の土地が市街化調整区域で、建築許可等の申請に3~6ヶ月かかるこもあり、最初の決済(土地購入費用)から建物引き渡しがかなり長くなることも予想されました。

次に地元の地方銀行に事前審査の相談をしてみました。

すると、相談へ行った銀行のホームページに掲示されている金利よりさらに低い金利で借りられそうとのことでした。しかも、土地購入の決済からローン実行する分割融資というかたちで可能なので私の場合は条件が合いそうです。

2020年7月時点で変動金利だと掲示は0.775%でしたが審査次第ですが実際は0.575%まで下げられそうとのことでした。さすがにネット銀行の最安金利よりは高いですが差は0.1%~0.15%程しかありません。

諸費用にあたる保証料について知らなかったこともありました。

最長35年で住宅ローンを組んでもローン減税が終わる10年目以降はおそらく繰り上げ返済していくことになる方が多いと思います。

繰上げ返済によって支払期間が短くなった場合、保証料は一部返ってくるそうです。よく目にする「保証料2.2%」というのは借り入れ期間35年に対してのものなので期間が短縮されればその分は清算されるみたいです。ネット銀行は保証料はゼロでも事務手数料が2.2%初期費用でかかることもあり、こちらは繰り上げ返済しても返ってきません。こんなカラクリ知りませんでした。。

とりあえず1社事前審査を通した後は金利や条件面で利用範囲にある銀行で比較しようと思います。