楽天モバイルからMNP転出しました

スポンサーリンク




この度、楽天モバイルをやめることにしました。

楽天モバイルは1年間無料キャンペーンに乗っかって契約してから1年使用してきました。

無料で今後も持ち続けることができるのですが、解約することに決めました。

今回は解約に至った経緯を記事にします。

スポンサーリンク



1年間楽天モバイルを利用した感想

携帯は以前からMVNO格安SIMを利用していますが今年5月より、楽天モバイルのSIMカードも契約して併用していますので...

過去何度か楽天モバイルについて記事にしてきました。

料金は満足

不満だった点がいくつかありましたが、料金面では満足しています。

楽天モバイル利用開始してから4ヶ月、本当に無料だったかどうかを紹介します

結果的に請求の発生は過去記事にも書いた通り、ナビダイヤルを利用してときだけだったのですが、「メインでは使えないな」と思うダメだった点がありました。

ふと家で楽天モバイルのアプリをみてみると楽天自前の電波になっているではないですか! うちは関西の地方都市...

契約してしばらくして、自宅付近は楽天モバイルの自社エリアになりました。

こんにちは。 携帯料金の大手値下げが始まりましたね。すごく気になります。 私は低価格MNOのパイオニアであ...

↑自宅付近が楽天モバイルエリアになった後も、いろいろと不満があり、記事にしていますね。

通話品質が悪すぎる

楽天モバイルの通話発着信は「RakutenLink」アプリを利用しての通話が無料となります。

通話料無料に期待ということもあり、長年使ってきた電話番号をMNPして楽天モバイルに乗り換えたので、当然電話をすることもあります。

想定外だったのは、通話が特に発信時に非常に途切れやすく相手にとって無言電話になってしまうことが多々ありました。

着信時も基地局が不足しているからなのか、途切れがちで不安定なことが多かったです。

これは、かなりストレスを感じました。

通話が必要な時って、メール等では済ませない大事な用事のことも多いのでとても困りました。

楽天モバイル自社エリアが狭い

通話・通信ともに、がっつり楽天自社エリア内の時は比較的安定しているのですが、エリア外やエリアの境目で使用するときはとても不安定になります。

楽天エリアへ出入りで切り替わる際に、少しの間圏外状態になることもあるので職場や、通勤の移動時は不便に感じることが多かったです。

メイン回線としては不合格

私はずっとデュアルSIMのスマホを利用していて、初めにメインで使用している回線をMNPして楽天モバイルへしてしまった為、不満に感じることが多かったです。

長年使っていた電話番号ですので、友人や家族の他、あちこちに登録しているので、通話は品質悪くても使用しなければならないケースが多々あり辛かったです。

もし、デュアルSIMのサブ回線としてであればあまり不満はなかったかもしれません。

他社の値下げでメリットが薄れた

もともと、楽天モバイルは1年間無料後も通話し放題・通信し放題(自社エリアのみ)で税込み3,278円という価格が魅力でした。

しかし、2021年になり、総務省の政策で各社20GB2,000円~3,000円前後のプランが次々と発表され、価格面でのメリットは完全になくなりました。

楽天モバイルも1GB以内であれば0円という引き止め策を打ち出してきましたが、前述の通りメイン回線としては役不足です。

楽天のMNP転出手続き

そんなこんなで楽天モバイル解約を決めたのですが、手続きは簡単でした。

MNP転出手続きはmy楽天モバイルへログインして行い、即日予約番号が発番されました。

楽天モバイルFAQに方法が載っています。

手続きの中で簡単なアンケートがあり、正直に解約の理由を記入しました。

MNP予約番号確認は再度「他社への乗り換え(MNP)」を見たら発番されていました。

SMSやメールでの通知は来なかったので自分で確認する必要があります。

MNP先はIIJ

このMNP予約番号を使用して早速IIJへ手続きしました。

プランは20GBで税込み2,068円の音声通話SIMです。

IIJのデータSIMは4月から使用していますが、通信品質はドコモ回線で安定しているのでMNPしてメインの回線へ昇格させます。

実際には、MNPした音声通話SIMが届いたら今使用しているデータSIMは解約するという流れになります。

総務省にケツ叩かれて携帯各社が新料金プランを出していて今までの常識が変わってきていますね。 2/24に、IIJが...

ちょうどキャンペーンで他社からのMNPで初期費用1円と端末割引というキャンペーンを5月31日まで行われていますので、それに乗っかりました。

まとめ

楽天モバイルは1年間利用しましたが、まだまだメインにしてこれ1本で使用するには役不足でした。

しばらくは今回MNPしたMVNOの老舗、IIJの音声通話SIMを使うことになると思います。

ただ、楽天モバイルには条件付きですが維持費がかからないというメリットがあるので、サブ回線として持っておくのは良いかもしれません。

通話無料なので通信条件が良い時は楽天モバイルから発信したりする等、活用方法は考えられますね。

メインの電話番号を楽天モバイルで保有するのは無理ですが、今後また契約してサブ回線として保有することも検討します。

2021年は大手キャリア含めて携帯料金プランが大きく変わっているので、全ての人が携帯の契約を見直すべきだと思います。

それぞれ自分にあったお得なプランを選びたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする